家CoCo

千葉県でリフォームをお考えならぜひ家CoCo(うちここ)にお任せください!お客様に寄り添った住まいの増改築、デザインリフォームで理想の部屋づくりのお手伝いを致します。マンションリフォームや中古リノベーションをお考えの方、船橋、千葉、成田、八千代も対応。


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

リフォームは既存の家を改修工事することを指します。なおこの単語が使用されるのは特に決まった厳密な定義があるわけではありません。しかしこの単語が出てくる場合の基準の1つが室内の改装が大きな焦点となります。しかもその室内改装では、使用する材料やデザインが新築当時のものではなくて、今のものでレベルアップしている場合となります。そのために単に屋根や外壁を塗装しなおした程度ではこの単語が使われない場合があります。この場合は家のほとんどすべての部分を対象にした全面改装と、一部分だけを対象にした部分改装の2種類に大きく区別することができます。テレビの有名番組などに出てくるのが全面改装で、これは一気に工事できる利点がありますが、反面として工事費用が大きくなりすぎること、そして工事期間中は荷物と人間やペットが仮の住居へ退避しなければならなくなります。そのため現実問題としては部分改装での工事が多くなります。部分改装での工事の利点は住み続けながら工事が可能だからです。そのために工事の一部始終を観察することが可能となります。このリフォームでは全面改装を実施した場合は工事費用としては、工事内容次第となりますが、新築住宅を建設するのとあまり大差がない場合があります。しかし新築建て替えをすると固定資産税が一気に跳ね上がるのに対して、こちらは既存の住宅を改装するために、税金面としては固定資産税の大幅値上がりしにくいことが利点となります。このリフォーム工事では工事内容次第では耐震化やバリアフリーや窓の二重サッシ化など冷暖房対策なども挙げられます。住んでる自治体次第ではこれらの工事に対しては正しい方法と手順で申請をすれば部分的に補助金が出る場合もあります。しかし耐震化に対しては完全保証というわけではなくて、倒壊しにくい可能性を少し高くした程度だと考えねばなりません。倒壊しにくい可能性をより高くするには既存の住宅改良ではなくて、最新基準で建造された新築住宅のほうが高くなるからです。
Tagged on: ,家CoCo