看板デザイン相談所

おしゃれ看板の専門店。看板デザインで集客、ブランディングを考えトータルでプロデュース。横浜を中心に、神奈川・東京・関東近郊まで。飲食店、学習塾、クリニックなどのお店や商業施設の実績多数掲載。看板デザイン~設置まで安心してお任せ頂けます。


看板の関連情報

看板(かんばん)とは、宣伝、広告等のために使われる、木、プラスチック、金属(ステンレスなど)等、ある程度耐久性のあるものを材質とした、通常は板状の物体。近年では低コスト・高耐久性のあるアルミ複合板が広く使用されている。 主に屋外に使用されるものを指すことが多いが、広義では室名札やディスプレイ用のパネルなど屋内で使用されるものも看板と見なす。英語ではsign(サイン)と言い表され、「標識」「目印」といった意味合いを持つことから、宣伝、広告の意味以外にも、見るものに対し、何らかの情報を伝えるための表示物と捉える場合もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

自社の商品やサービスを周知してもらうのに、広告が使われます。沢山の広告がある現代では、ただ広告を作るだけでは目立つことはありません。有名人を起用したり、人の心を揺さぶるような言葉やテーマを添えてみたりすることで、手にとってもらえるようにします。また、反対にカラーなどを一切使用せずに、昔ながらの広告で勝負する会社もあります。現代では、カラーの広告など珍しくもありませんが、二色刷などの広告だと反対に珍しくなります。つまりは、技術の進歩によって見向きもされなくなった過去の技術を、敢えて使うことで、他社との違いを明確にさせます。また、過去の技術というのは、現在の最先端の技術よりも安いです。すると、目的の目立つこともでき、尚且広告費を抑えることもできます。目的を達成して費用を落とす、印刷業者には嬉しくないことですが、自社の商品やサービスを周知するのには、最適な方法といえます。その他には、どういった層へのアピールをするのかも、しっかり決めておきます。これは、どんな媒体への広告を強化するのかに関係していきます。若者であれば、TVCMよりもインターネットの広告へ力を入れるべきです。有名な動画投稿主に依頼するのも、若者の目を引くことができます。しかし、反対に年配者になると、TVCMや新聞の折り込み広告などが強くなってきます。TVショッピングなどが、お昼の時間に多く放送されているのも、ターゲットとしている層が、その時間TV番組を見ているからです。見ているTV番組の間に見て、商品の購入の検討をしてくれます。一人で購入するよりも、二人で購入する方がお得だったりすると、交遊関係のある人を誘って購入してくれます。一人では、躊躇する買い物であっても、誰かと一緒であれば財布の紐も緩みやすくなってしまいます。どういったシチュエーションに持っていくことが、商品やサービスを欲しいと感じるのかを考えて、発信していかなくてはいけません。
Tagged on: ,看板デザイン相談所