ロックセキュア

ロックセキュアは、鍵の取替・交換・修理を行っております。玄関はもちろん、トイレや個室、シャッターなど、住宅のあらゆる鍵にも対応しております。また、予算に応じた工事もお任せ下さい。豊富な鍵の種類や、私たちの技術力で最善のご提案をいたします。


鍵の関連情報

鍵(かぎ、キー、Key)は錠前(ロック、鍵穴、Lock)を解錠する(操作する)ための器具である。鍵と錠前は扉や物品などに取り付けて、鍵を開けられる人間以外の使用を制限するための道具。人身や財産の保護、保安などの目的で用いる。典型的な鍵(右図)は、錠前の鍵穴に差し込まれる個々に形状の異なるブレード部分と、鍵穴には入らず手でつまんでブレードを回転させるのに使う頭部から成る。ブレード部は一般に一つまたは少数の特定の錠前にしか合わない。 日常会話では、鍵と錠前をまとめて「かぎ」と呼ぶ場合が多い(例 : 「かぎを掛ける」)が、本頁では主に鍵自体について記述する。 鍵は、建物や自動車といった財産について、完全ではないが(ピッキング行為参照)安価なアクセス制御手段を提供する。そのため、鍵は現代の先進地域ではありふれたものであり、世界的にもよく使われている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

現代社会の生活で非常に重要なのが身を守るという防犯の意識です。これは日常生活から仮想空間のインターネットの中まで、切っても切れない意識になっています。以前は日本では犯罪などの検挙率や犯罪対策などがうまくいっていましたが、最近はいろいろなニュースを見ても、いつ自分たちが巻き込まれるかわからないという世の中になってきました。現実の生活での犯罪からインターネットでのサイバー攻撃やウイルスなどまで、右を向いても左を向いても危機意識を持ち生活をしていないと安心できない状況になってきています。また犯罪などを防ぐ防犯対策のビジネスも盛んで、専門的な技術やノウハウで、人々を守るという企業も増えてきています。それだけ需要があるということですが、とくに現実の社会での防犯対策は絶対に必要な対策になります。たとえば住まいなどでは、防犯対策が不十分だと、犯罪者が入りやすく、被害者になりやすくなります。しかし、防犯対策ができていれば、隙がないので犯罪者も犯罪を犯す前にあきらめるようになります。犯罪行為に対して結果がみ合わないことを理解するからです。住まいの鍵などは当然としても、その他にも防犯カメラや映像が映るインターホンなどがあると、格段に危険を防止する役割を行ってくれます。そして、それが必要な社会になっています。毎日見るニュースなどでも、犯罪との因果関係があまり感じられない、言うなれば運が悪かったという被害者も多くなりました。そうなると恨みを買わなくても関係なく犯罪にいつ巻き込まれるかわからないという状況にもなります。誰がそうなってもおかしくない社会に生きているわけです。そのため防犯意識や対策が必要不可欠で、巻き込まれないように細心の注意を払いながら生きていく必要があります。自分や大切な家族などのぼうはん対策を見直してみるということも重要な生きていくノウハウになります。まずは身の回りの危険な状況を見直してみるところから始める必要があります。
Tagged on: ,ロックセキュア