有限会社グリーン住宅

弘前のアパート・不動産なら有限会社グリーン住宅へ!青森県弘前市の弘前駅と弘前大学の間に会社を構えております。賃貸、不動産売買の仲介から、売買物件の査定、買取まで。女性スタッフが真心をもって対応いたします。お気軽にお立ち寄りください。


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

不動産業者で賃貸物件探しをしている人は、自分がインターネット上だけでは把握をすることができなかった部分を、質問する傾向があります。この質問の答えをしっかりと聞くことによって、非常に良い不動産業者なのか、判断をすることができると覚えておく必要があります。場所によって多少異なる部分ではありますが、良い部分だけではなく、悪い部分もしっかりと説明してくれる不動産業者を頼りにした方が良いと言えます。不動産業者は物件を契約してもらうことによって、利益を得ることができるので、良い部分ばかりを説明してくる傾向がありますが、お客さんのことを、しっかりと考えてくれている不動産業者の場合は、少しだけ良くない部分も混ぜて説明をしてくれる傾向があります。良くない部分を聞いてしまうと、自分が賃貸物件を契約する気がなくなってしまうと考えてしまいますが、悪い部分を聞いて自分にとっては大きな問題ではない場合は、そのまま契約をしても良いでしょう。悪い部分を全く把握することができない状態で契約をすると、自分が我慢することができない環境になってしまい、早い段階で引っ越しをしなくてはなりません。この場合はさらにお金がかかってしまうので、その部分でも負担になってしまいますし、不満も感じてしまうでしょう。女性や小さい子供が居る家庭の人が賃貸物件を契約する際は、この部分をしっかりと考えなくてはなりません。なるべく安心して生活をしたいと考えている人が非常に多く、セキュリティーの部分を気にする場合があります。悪い部分をしっかりと説明してもらう際に、セキュリティーの部分が出てきてしまう場合は、その賃貸物件の契約を避けた方が良いと言えるでしょう。全く悪い部分を説明してくれない不動産業者で賃貸物件を契約してしまうと、契約後全く安心して生活をすることができずに、自宅にいるのにリラックスできないなどの状態になってしまう場合もあります。
Tagged on: ,有限会社グリーン住宅