CCTカークリーニング竹花

車やクルーザーの室内クリーニング、車内清掃の施工事例紹介。ビフォーアフターでご紹介しております☆埼玉から東京、千葉、神奈川までお伺いします!出張料金は埼玉近郊(10km以内)は無料、東京・千葉・神奈川で3,000円(税抜)!


車内クリーニングの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

クリーニングの基本は汚れ落としで、洋服の場合にはデリケートな生地であれば、取り扱いも慎重になります。家の中も、お掃除のプロに依頼するハウスクリーニングの利用で、普段、見て見ぬ振り、どのようにお掃除すればよいのか分からない場所、設備もキレイに仕上げてくれます。比較的、誰もが技術なくして行えるのは、車のクリーニングです。愛車を洗う手順1つ取り上げても、お風呂で体を洗うつもりで作業効率が高まり、最初にザッと水を掛けて表面の土埃などの汚れを流すことから始めます。いきなり、シャンプーでは汚れも一緒に擦ってしまうため、ボディに細かな傷がつく原因になります。もちろん、泡立ちにも関係しており、汚れは泡が包み込んで落ちるわけで、シャンプーの効果も半減しがちです。プロのテクニックはマネができないのか、確かにそう簡単に身に付くものではないものの、使っている道具やちょっとしたコツは十分に参考になります。例えば、シャンプー後に掛ける専用リンスには、撥水効果があり、これだけでもボディを保護でき、ワックスなしでも水を弾くのはプロのケミカルです。カークリーニング専門として、ボディカラーの違いでそれぞれタイプ別に設定されるシャンプーは、それぞれのカラーに相応しい性能で選ばれています。プロが開発した製品を使うのもポイントで、ワックスやコーティング剤は極力落とさず、汚れだけを落とすことが素人にも可能です。ですが、プロのテクニックも借りたいもので、1日に何台も作業するため、ムダな動きは許されず、だからこそ、専用装置が用いられ、手作業でも両手で流れるように作業が進みます。手際の良さ、シャンプー編では、両手に洗浄ブラシを持ち、2カ所同時にムラなく洗うことで、当然、かかる時間も半分です。カークリーニングでは、タイヤやホイール、さらにエクステリアが済んだらインテリア、ガラスクリーニング、エンジンルームへと進めて性能を高めることは大事です。
Tagged on: ,CCTカークリーニング竹花