ONELIFE

結婚式カメラマンチームによるウェディング(ブライダル)撮影。「撮影を人生の思い出に」をコンセプトとしてオリジナルのプランをご用意しています。東京 横浜を拠点に全国各地、持ち込み結婚式カメラマンをお探しの方はONELIFEへ。


写真の関連情報

写真(しゃしん、寫眞、英語: photography)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。 英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」と訳される。"photograph"から、略して"photo"(フォト)と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

自分が写真を撮る趣味がある場合は、友人から結婚式のカメラマンを務めてもらえないかと依頼される場合もあります。この場合は自分の技術を試す機会が生まれ、チャンスだと感じる人もいますが、自分のことだけではなく依頼をしてくれた友人のこともしっかりと考えるようにしましょう。自分の技術を信用してカメラマンの依頼をしてくれているのでその期待に応えるように準備をしなくてはなりません。結婚式はどんな人にとっても特別なものになります。その特別な場所で写真を撮影するので、きれいに撮れるように準備をするだけではなくその他の部分にもしっかりと注意をしなくてはなりません。まず1番気にしなくてはならないのが結婚式の進行を妨げないように写真を撮影する部分になります。カメラマンがあまりにも動き回ってしまうと、結婚式を台無しにしてしまうケースもあります。これではいくら魅力的な写真を撮影できたとしても、友人が満足してくれる事はありません。結婚式のカメラマンを務める場合はどんなタイミングで移動したら良いのかなどを自分なりに調べると、進行を妨げずにさらに魅力的な写真を撮影できるので依頼してくれた友人の期待に応えられるでしょう。また依頼をされた場合は、友人と1度式場を訪れてみましょう。どんな式場なのか全くわからないとどこで写真をとったら良いのかなども判断できません。また注意事項もしっかりと確認をするようにしましょう。式場によって異なる部分ではありますが、スタッフ以外の人が出入りできない場所もあります。その場所に誤って出入りをしてしまうと大きなトラブルになってしまう場合もあります。友人と一緒に式場を訪れるとカメラマンを担当する人に向けての注意事項が書かれた用紙などを渡されるので、用紙に書かれている部分をしっかりと確認した上で計画を立てるようにしましょう。
Tagged on: ,ONELIFE