アテネ・フランセ

英語コース(英語講座) アテネ・フランセ Athénée Français。東京・お茶の水にあるフランス語/英語/古典語学校。英語コースには総合英語講座、英会話、ビジネス英語、英文法、発音、聞き取り、ライティング、リーディング、ディスカッションなど豊富な科目があります。


英会話の関連情報

英会話(えいかいわ、英語: english conversation)とは、英語で行う会話のことを指す。
※テキストはWikipedia より引用しています。

日本人は英語が苦手と言われています。そうした背景からも、英会話教室が至る所に開講していたり、通信講座を利用する人も少なくありません。最近では、英語を翻訳してくれるソフトやアプリがあり、スマホや電子辞書の機能が活用されています。ですから、1人で海外旅行にも気軽に足が運べるようです。加えて、音声が聴き取りやすい電子辞書もあり、最近では聞き流すだけで英会話が身につく内容が主流になっています。耳と目で英語を学ぶなどを謳うのが電子辞書ですし、詳しく的確な語法解説付きは魅力的でしょう。発音も辞書片手に、スマホ片手にトレーニングできます。とにかく、とっさの一言がサラッと言えれば上出来です。外国人が日本語を学ぶ際に用いるのが、意外にもマンガやアニメなのだそうです。イラスト付きで漢字にはふりがな付き、三日坊主にならない引き込まれる魅力があるそうです。同じように日本人も外国のマンガやアニメから学ぶのもありでしょう。子供が言葉を覚える時にテキストや辞書は使いません。周りの人の話を聴く、マネをしながら習得しています。だからこそ、大人も辞書から聞こえる声、アニメから流れるセリフから発声、リスニング力を身につけるのもお勧めできるワケです。和訳は不要で、電子辞書であってもスペリング辞典として使うのは避けましょう。会話力をつけたいのなら、英語で聞いて英語で考える、そうすれば英語で答えられるようになります。日本人は間違いを指摘されるのが苦手、恥ずかしい気持ちが優先し、なかなか外国人と話すことはしません。でも、英語が苦手ならば、間違いに気付くこともなく、単語と単語をカタカナで繋げます。道案内にしても、些か腑に落ちない表現になってしまうことがあるでしょう。しかし相手は外国人、間違ったフレーズを理解した上で正しいフレーズに変換し、聞き直したり返してくれます。この時に初めて間違いを理解するでしょうから、学習できます。怖がらず恥ずかしがらず、まずは声に出すことを意識してみましょう。
Tagged on: ,アテネ・フランセ