株式会社北工房

特定建築物定期報告は札幌市「株式会社 北工房」にお任せ下さい。建設事務所の確かな技術と経験で、アフターフォローまでしっかり対応。特定建設物定期報告の無料相談も行っております。定期調査・定期検査でお困りの事があれば、お気軽にご相談ください。


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

たくさんの人が集まる大型施設は、特定建築物定期報告を行う必要があります。デパートや病院、そして学校などといった具合に、様々な大型施設があるでしょう。もしそれに該当する場合は、定期的に報告依頼が来るので、絶対に無視しないことが大切です。報告依頼を無視してしまうと、建築法でませられてしまう可能性があるので、早めに提出することをお勧めします。ただ、報告依頼が届いても、これからどうすれば良いのか分からないと言うこともあるでしょう。そんな人は、ぜひとも建築設計事務所に相談に乗ってもらうのがお勧めです。特定の建築設計事務所であれば、幾度と無く特定建築物定期報告を行って来ているので、安心して任せることができます。できるだけ百戦錬磨で、実績のある業者にお願いした方が良いでしょう。どこの業者にお願いするべきなのかを見極めるために、インターネット上に目を向けるのがお勧めです。ネット上であれば、自分の地域を含めて、全国規模で優秀な業者をピックアップすることが可能となります。見つからない場合もあるかもしれませんが、その時は口コミ情報サイトなどを活用して、経験者の話を参考にしつつ探せば、そのうち見つかるでしょう。ある程度優秀な建築設計事務所の目星がついたら、ホームページを確認し、今までの特定建築物定期報告の事例をチェックするのが基本的な流れとなります。どのようなところに報告に行き、どんな結果を出すことができたのか、それを見ておけば、その業者の実力を推し量ることも可能です。なお、延床面積あたりどのくらいの調査料金がかかるのか、その部分に関してもホームページから確認させてもらうと良いでしょう。料金に関しては当然ながら業者によって異なります。できるだけ良心的な価格設定の業者にお願いするのが妥当です。まずは気になる業者に現場に来てもらい、見積もりを出してもらうようにしましょう。価格相場がわからないときは、他の業者にも見てもらい、比較した上で判断するのが無難です。
Tagged on: ,株式会社北工房