陣内ウィメンズクリニック

東京都自由が丘の不妊治療専門「陣内ウィメンズクリニック」では、体外受精・顕微授精を中心とした妊娠希望専門クリニックです。赤ちゃんを望まれるご夫婦の想いを一日でも早く叶えられるように、薬を使い過ぎない、体に負担を掛けない優しい高度生殖医療を提供してまいります。


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

女性であっても、レディースクリニックに行くのは、正直妊娠したときくらいという方が多いかもしれませんね。レディースクリニックは、もちろん妊娠した時以外にも受診できます。最近は生理の悩みなどを抱える方が定期的に通院するということも多いようです。たとえば、生理痛がひどく日常生活がツライ、生理の期間がバラバラで不定期など、女性なら一度は経験したことがある悩みも気軽に相談することができるのですよ。また、最近では生理の前の体の不調「PMS(月経前症候群)」の相談をする女性も増えています。生理の前になると、なんだかイライラしたり、胸が張ってくる、食べ物の好みが変わるなど、何らかの変化が体に起きる方も多いと思います。ニキビができる、腰が重たく感じる、おなかが痛い、落ち着かないなど、PMSの症状は実に200種類を超えると言われています。このような症状は大体月経の3日~10日くらい前の間に起こることが多いです。PMSの症状が重たくなってくると、日常生活にも支障をきたす場合があります。イライラして家族や周りの人に当たってしまう、仕事や学業に集中できないなど、毎月生理前になるとゆううつになってしまうという方もいるようです。食事や飲み物に気を付けたり、体を温める、ストレッチなどの軽い運動をするなど、自分でもPMSの症状を軽減することは可能ですが、やはりあまりに症状が重たい場合はレディースクリニックに行って専門の先生に相談するとよいでしょう。クリニックでは、生理の周期やいつどんな症状が起きやすいなど、問診の際に聞かれることが多いので、普段から自分の生理前の状態を把握しておくと診察がスムーズです。PMSの症状は、本当に人それぞれなので治療も対処療法が主になります。たとえば、食事や運動などの生活指導、漢方薬などを使って一人一人の症状に合わせた対処療法をします。必要であれば、血液検査なども行います。生理前の不調は誰にでも起こる当たり前のことだとおもい、つらくても我慢している人も多いでしょう。しかし、もう我慢する必要はありません。対処療法で改善しますので、ぜひ気になる方は相談してみてくださいね。
Tagged on: ,陣内ウィメンズクリニック