あかりホームクラフト株式会社

神奈川を中心に注文住宅でお客様に快適な暮らしを提供している藤沢市湘南台の あかりホームクラフトです。また、注文住宅の他に、住まいのリフォームも承っ ています。完全自由設計の注文設計をしている当社だからこそ、より快適な暮ら しをご提供できます。


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

築年数が20年を超えている木造建築の一戸建てで、壁材の内部からカリカリという物音が聞こえてきたら、工務店に相談しましょう。この時点では、自分で原因を特定する必要はありませんので、工務店に判断をゆだねるのがポイントです。木材が乾燥して、内部で音が発生している場合もありますし、虫が木材を食べている可能性もあります。築年数が20年と言えば、部分的に輸入材が施工に使用されている場合があるため、もともと輸入材の内部に隠れて潜んでいた害虫が生まれて育ち始めた可能性もあります。壁材の内部で生まれて育ち繁殖する、という繰り返しの中で、食べられる木材の部分が減少してくるとカリカリと物音が聞こえるようになります。代表的なのがラワン材で、生産国である南国の虫が内部に生息している可能性があります。現在では強力な殺虫剤で駆除されていて、虫の幼虫と成虫だけでなく卵も殺虫駆除されているのですが、築年数が20年の一戸建ての新築当時は、虫の卵まで殺虫駆除するのが困難でした。工務店が虫を特定するときに、シロアリかシロアリ以外かの判断基準があります。シロアリであれば駆除業者に外注する可能性もありますが、キクイムシと総称される虫の場合は工務店のスタッフが自ら駆除する場合が多いです。工務店が害虫駆除の経験と実績が豊富であれば、自ら駆除を担当してくれます。シロアリはコロニーを形成するので、虫が生息していない状況でも痕跡を探せるのが特徴です。シロアリが歩いて通った場所は、蟻道と呼ばれていますので、シロアリが生息していた根拠にもなります。キクイムシの場合は虫の寿命が来ると、ほとんど痕跡が残りません。木材が食べられてしまった筋状の痕跡だけが残りますが、それだけでは殺虫剤を散布したほうが良いのか分かりにくいです。シロアリとキクイムシの両方が生息している可能性が高い場合は、殺虫駆除剤を使用します。人間に対して毒性の低い薬剤を使用してもらえるので、当日は匂いがしますが、時間の経過とともに匂いが弱まります。判断と説明を工務店に任せるのがポイントです。
Tagged on: ,あかりホームクラフト株式会社